響け!ユーフォニアムの主人公、黄前久美子さんのモデリングに挑戦して
出来る事なら出力してフィギュア化したい!の第2回目です。

ちょびっとだけ進んだので更新です。

ZBrushでスカルプトを行う前提としてポリゴンでモデリングしてたのですが、
ドツボにはまったようで時間かけすぎてしまいました。

・スカルプト前提のモデルなのでそこまで作り込まない
・どの方向から見てもそのキャラクターであることが崩れないように
・トポロジーよりもディテールとフォルムを最優先

という一応の目標を掲げて作業してたのですが全部守れませんでした。
特に、「どの方向から見ても~」はやはり難しいです。
平面のキャラが立体になるわけですから厳密にはどの方向から見ても破綻なく、というのは
ありえないのとは理解しているのですがそれでも目指してしまいます。
作ってる最中「こっちから見るとイイ感じ、あっちから見るとなんか違う人・・・」
みたいなことをずっと繰り返してると一体どれが正解なのかなんなのかわからなくなってきました。
なかなか割り切りれない自分がいます。

結局ほぼすべて作り直し的なとこまでいっちゃいました。
だからといっておかしいところを消化できたかっていうとそうでもないという
ストレスをためる結果となっております。

黄前久美子さんポリゴン完成
さて、フルカラー出力をするわけじゃないので色は付けない予定でしたが
モチベアップのために顔と服だけ色付けてみました。
やっぱり色がつくとイイですね、なんとなく久美子に見えてくるので不思議です。
※「色ついても久美子じゃない!」という熱狂的なファンの方がいたらすいません・・・。

髪の毛はUVすら切ってないのでそのままです。
後ろ髪のタコの部分は後頭部の大きい塊をポリゴンで作ってそこに
NURBSで作ったタコ足をポリゴンに変換して植えている感じです。
その他、当初作ってたモデルからの変更点としては
・目を大きめに(約1.2倍)
・唇の位置を若干上に、口角も広げ気味
・頬のラインをもう少しぷっくり
・出力考えてまつ毛とまゆ毛を少し太めに
・あごのラインをアニメよりも丸く
・身体(制服)をもう少し大きく
などを行っています。

あと同時進行で学校の椅子を作りました。
北宇治高等学校の椅子
北宇治高等学校の椅子です。
背もたれ後ろのパイプの流れがちょっと見ない感じの流れです。
背もたれの後ろには名札かなんかを差し込むプレートがありましたが
めんどくさくなって作っておりません。

次ははユーフォですね。
もうこれは一からは作らないでデータを購入して改造するかなーと考えています。
その後はポーズ付け→ZBrushでディテールアップ、という流れの予定です。
次回の更新はしばらく先になるかもしれません。
引き続きよろしくお願いします。

つづく


Trackback

no comment untill now

Add your comment now