レムさんのその後です。
結局今回は時間の都合やらポリゴンモデリングのあーでもないこーでもないで
作業続けた結果、ほとんどをMayaだけで終わることになりました。

まずはレムさん本体のモデリングを終了させました。
リゼロ レム 全身

この時点では各パーツの厚みは設けていません。
細かいシワはMudboxとQuixelで描いたものをnormal mapしてます。

次は彼女が騎乗する地竜なる生き物のモデリングです。
正直なとこ生き物全般(人間型以外)作ったことがなく今回が初めてです。
リゼロ 地竜

アニメを見てる限り、一番近いのは小型の肉食恐竜でしょうか。
この辺りをベースに爬虫類と鳥類をリファレンスとして形を作っていきました。
とはいえレムさん自体を作るのが目的だったのでかなり適当な作り方をしてます。
あ、あと昔ツクダホビーから出てたナウシカのプラモも参考にしてます。

最後にレムさんと地竜それぞれの大きさを合わせてポージングです。
レムさんはTSM2、地竜はHumanIKを使用してます。
アニメ劇中の地竜と人間の対比はシーンごとにかなり違っててこの辺り苦労しました。
最終的には、【二人乗りできるくらいの大きさ】というのを指標にしてます。
ただあくまで指標であって劇中後ろに乗ってる主人公は作っておりません。
一人乗りでレムさんのスカートが風でぶわってなってるのが作りたかったんですよね。
rem_b_03

ポージング後はさらに細かい手綱やら、あと劇中では探しきれなかった鐙(あぶみ)などを作ってます。
鐙が発明されたことで騎乗による近接武器の使用がかなり楽になったと聞きます。
この世界の時代設定が現実の中世時代な感じでした。
現実のこの時代にはすでに鐙は存在してましたのでそれにならってます。

てことで色々ありましたがはしょって完成です。
リゼロ 騎乗レム

リゼロ 騎乗レム

リゼロ 騎乗レム 

こんな土台も作ってみたんですが出力の予定はもちろんなさげです。
どなたが有償でパーツ分けしてくれませんか?(笑
rem_b_04


Trackback

no comment untill now

Add your comment now