まだMayaを使い始めて間もないころ、【mental rayでワイヤーフレームレンダリングを行う】
という記事を書いておりましたがMaya2017からはmental rayに代わりArnold Renderが搭載されましたので
自分用のメモも兼ねてArnold for Mayaでワイヤーフレームレンダリングを行うやり方を書いておきます。

メモとは言いましたがmental rayのそれと比べると恐ろしく簡単です。
とりあえずMayaを立ち上げたらSphereでもなんでも作ってみます。
Mayaデフォルトのレンダービューでもいいのですがリアルタイムで更新してくれるArnold Render Viewを開いておきます。
Arnold Renderはライトがないと真っ暗の状態ですのでとりあえずメニューのArnold>LightからSkydome Lightを作ります。
すぐに明るくなったはずです。
ワイヤーフレームレンダリング自体はライトを必要としませんが、ビュワー開いて真っ暗だと
不具合とか疑ってしまうじゃないですか、なので一応ライトを設置していただきました。

ではワイヤーフレームのやり方です。
作ったオブジェクトにマテリアル【aiWireframe】を割り当てます。
これだけです。

mental rayと違いArnold Renderはマテリアルとしてワイヤーフレームレンダリングを実現してるんですね、これは簡単です。
もちろんオブジェクトのポリゴンをちゃんと表示してますのでテクスチャを貼ったとかではありません。
あとは設定で三角でも四角でもお好きにできます。
スムーズシェーディング表示にすればポリゴンも目が細かくなります。
元々テクスチャを貼ってるモデルにaiWireframeをアサインしたら元々のテクスチャが消えちゃうじゃないか、
って方はレンダーレイヤーとか使うといいと思います。

・Edge Type 三角か四角か表示を選べます。Patchesは今のところ何もかわりません。
・Fill Color オブジェクトの塗りの色を選べます。
・Line Color ワイヤーの色です。
・Line Width ワイヤーの太さです。
・Raster SpaceのチェックボックスがONになってるとオブジェクトの大きさによって太さが変わるようです。

簡単でいいねってことでしたがポリゴンしかサポートしてないようです。
NURBSモデルでもポリゴンのようなワイヤーフレームの表示になりCVを移動して変形させてもレンダングには反映されませんでした。

あとは当たり前ですがArnold Render以外のレンダラーではワイヤーは消えます。

以上でした。


Trackback

2 comments untill now

  1. ぐらたん @ 2017-06-26 16:26

    おお、ありがとうございました
    mentalrayが無くて、「何時からサブスクリプションだったの?」
    「ちょっと仕様が2013と違うんだけど」
    みたいな状態だったので助かりました
    本当にありがとうございます

  2. ぐらたんさま
    数世代飛んでバージョンアップすると何が何だかわからないレベルで変わってることありますよね。
    2013からですとアイコンなんかも様変わりしてて混乱されてるとお察しします。
    少しでもお役に立てたのであれば幸いです、こちらこそありがとうございました。

Add your comment now