”ふざけた”とか言うと口が悪いですね。
「すごく嫌い感」な本音が出てしまいました。
でもなんというか、仮にも映像が扱えるソフトならこのくらいはちゃんとしてよねって思ったわけです。

今ある企業さんからのお仕事でめったに使わないFlashを使っています。
昔は【FutureSplash Animator】って名前だけあってアニメーション作成のソフトだったわけですが、
今は個人的になんかよくわかんない位置付けのソフトになったなぁと思ってます。

さて、現在やってるお仕事で渋々使う羽目になったのですが、その内容ってのが
【AEで書き出したFLVを埋め込み型のSWFにする。】
っていう単純なものでした。
単純なんだけど工程を進むにつれてなんじゃこりゃって事に気づきます。

とあるFLVを読み込んでタイムラインに入れる。
あとから尺の修正(時間がちょっと縮まる)が来たので、AEで再度FLVを書き出ししなおす。
この時Flashにすでに入ってる修正前のものとファイル名を同じにしておいて後からFlash側で
置き換えを使って差し替えを行えば楽ちん。

なはずが置き換えを行ってもフレームは減ったように見えない。
じゃあ差し替えたファイルの再生が終わったらどうなるの?って言うと残りのフレームを勝手にループにしちゃう。
しかもループされた部分は音無し。
一見すると置き換えをしてもタイムラインに変化がないんです。
短くなったファイルのお尻の部分を探すには再生ヘッドをじわじわ動かして確認するしかない。
これならいっそ最初から新規ドキュメントでやり直した方が早いってもんです。

Adobeさん、どうかお願い。
・せっかく置き換えなんてボタンがあるんだからちゃんとクロップしてください。
・タイムライン、というかレイヤーにオブジェクトが入ってるかどうかを判別できる何かを搭載してください。
・あと1レイヤーに対して1オブジェクトっていうPhotoshop的なものにしてください。
・AEのSWF書き出しももっとイイ感じにしてください。
もっと言うなら、
LiveMotionと同じようなGUIにしてほしい。

・・・無茶?
だよねぇ。


Trackback

no comment untill now

Add your comment now