Adobe Illustrator CS5で新規ドキュメントを作るとこんなダイアログが出てきます。

で、この赤の印の部分が今回頭を悩ませた部分です。
【新規オブジェクトをピクセルグリッドに整合】 

元々どちらかといえば印刷なんかでの作業をメインとしていたイラレですが、
Fireworksみたいなソフトの存在もあってWeb向けの機能も充実させなければ
ならないのかなと勝手に推測しております。

勝手な解釈ですがどうもこの機能、要はWebでの標準単位であるピクセルのマスで
作られたグリッドにきれいに整列させようという機能っぽいです。


上の画像ですが、どっかで見たような模様をイラレで作ってアウトライン表示しています。
左は最初に作った図形、大きさは300pxくらいの比較的大きいサイズで作っています。
で、これを小さくした時に右のような状態になってしまいました。
※形の変化がわかるように同じ尺度にしています。

比較として右の図形のすぐ右上に1pxの正方形を置いています。
最初に作った図形にちりばめた四角は正方形なのですが、これが完全に崩れています。
またタイリングされた正方形のアンカーポイント同士はスナップしていたのですが
これもずれてしまっています。
色々テストをして裏をとったわけではないので絶対ではないのですが概ね以下のような事が起きました。

・図を構成しているパーツが1px以下になるとこのような状態になる
・一度 【新規オブジェクトをピクセルグリッドに整合】 にチェックを入れた書類で作った図形は、
チェックをいれてない書類に貼り付けてから小さくしても同じ結果になる
・パーツが1px以下になったからといって消えてなくなるわけではない
・図形やパーツの大きさに関係なく1pxを下回るナッジやスナップは無効になる
※厳密には無効ではなくナッジの場合は1px単位、スナップの場合は一番近くのアンカーポイントへスナップ。

ホントは理由なんでどうでもいいというのが本音です。
形も配置も崩れずに好みの大きさになってさえくれればいいのです。
で、回避策を考えてみました。

【作った図形をシンボル化してからリサイズする】 
もちろん他の手段もあるかもしれませんし、そもそもルールを守って1px以下にならないように
作るってのが悩まなくてすむ一番の方法かもしれません。
ただ一度なってしまったの見てしまうとムキになってしまいました。

久し振りの更新でしたが役にたつかたたないかよくわからないエントリーでございました。


Trackback

3 comments untill now

  1. すっごくお久しぶりー☆お元気???
    更新が滞っていたから、多分仕事や生活が忙しいかバテてるかどっちかだと思ってたよ(笑)。
    こちらも更新は最近あまりしていないけど(苦笑)そろそろ復活しなければ…とは思ってますー(笑)。
    一ヶ月ほど前からスモールビジネス(本当にちっちゃいけど)始めたよ。

  2. >ぼん。
    少しは本題へのコメントもしろよw
    スモールビジネスの話、くわしくー

  3. あはは!そういうツッコミがあるとは予想してたよ(笑)。
    だって、超アナログ人間な私からしたら今回の記事の内容はよくわからないし、それに書いた本人が役に立つかよくわからないエントリーって言ってるぐらいだから余計にだよ(笑)。

    スモールビジネスはねぇ、手作りカードの販売だよ。
    スクラップブックや手作りのカード作りは北米は意外にも盛んで、この分野に関しては日本よりもデザインの幅やクオリティが高いのにはビックリした。
    なので、私もカナダで腕磨きながら先月より始めたのですー♪

Add your comment now