3Dプリンタの出力、ちょっとうまくいかないのでまだ更新できません。
ごめんなさい。

で、キョウリュウピンクの細部を整えております。
一旦リグは全破棄して気になってたところの修正です。
テレビ放映も始まって資料となるおもちゃや書籍が充実するかと思ったら甘かったです。

書籍もこんなに買ったのに全然分からなかったです。
キョウリュウジャー書籍

放映後、大きさの違うソフビ人形が2体(1個は食玩)が出ましたが参考になりませんでした。
結局このキーホルダーが一番近い形状だったかもしれません。
キョウリュウピンクキーホルダー

その分からなかった部分とは後頭部の角(とがってるとこ)の部分でした。
この両サイドの角の後ろ面と真中の断面のような部分は当初平らでつながってるものと
思ってたのですが実は前後に段差がありました。
第1話でなんとなく「あー段差があるなぁ・・・」と気付いてはいたんですが細かいディティールがとにかく分からない。
たいてい動いていますからブラーで全然わかんないんすよね。

第2話の終わりの方で一瞬後ろを向くカットがあるのですが、最終的にはこれを参考にしました。
かなり近いものになったと思うのですがそれを証明するもの自体がまだありません。
どなたか中の人、教えてください。
キョウリュウピンク後頭部
形状って向いてる方向や照明の具合によって本来の形とぜんぜん違うものになってしまいますよね。
ゴーカイピンクの制作時には作りのいいフィギュアやスーパー戦隊ぴあなどの大人向けの書籍も
充実してたので困ることはなかったんですが始まって間もない新シリーズだとこうも苦労するのかと思いました。

あ、唯一というか実際の形を肉眼で確認できる機会がありました。
ウチの近くのかしいかえんという遊園地で開催されるキョウリュウジャーショーです。
さすがに遠目からの確認か撮影しか手はないようです。
「マスクの後頭部撮らせてください」なんて変態すぎてとても言えないっすよねw
開催日がまだもうちょい先ってのが待ち遠しいです・・・。


Trackback

only 1 comment untill now

  1. […] 後頭部も録画を穴のあくほど観察して自分的に納得の出来る形にしました。 […]

Add your comment now