2010年の6月に購入したMacBook Pro。
最近どうしよもなくもっさりしてきたのでHDDをSSDに交換しました。

すでに色んな方がブログで交換方法について書いてくれてたのでなにも困る事はありませんでした。
あとは型番による作業の違い、BootcampでWindowsを入れてるかどうかによるデータ移行作業の違いくらいです。

当方のMBPは表題にも書いたMacBook Pro (Mid 2010)、Mac OS 10.6.8(Snow Leopard)
筺体の裏面に書かれてるモデルNoはA1286です。
交換するにあたっての条件は、
・HDDからSSDに交換(容量は同じ500G)
・取り外したHDDは光学ドライブスペースに入れたいけどそれはまた今度
・クリーンインストールはしたくない(Mac OSもWindows7もそのまま移行したい)

この条件にまるまるヒットする情報は無かったので色んなブログ様を継ぎ接ぎしつつ作業しました。

購入したSSDはSamsung 840EVO(MZ-7TE500B/IT)。
他にも競合モデルをいくつか候補に挙げてたのですが一番レビューと価格がこなれてるのが
これだったのでホントはやだったのですがこれに決定しました。
購入時にUSB3.0接続ポータブルSSDキット(SATA-USB3.0変換ケーブル、非売品)が付いてたのも良かったです。

samsung ssd

作業の流れとしては、
・現状のHDDから不必要なデータを削除して少しでも軽く(キャッシュとかいらないソフトとか)
・winclone 2.3.3を使ってBootcamp領域のイメージ化
・SSDをUSB接続してMac OS 拡張 (ジャーナリング)でフォーマット(別に交換時にまとめてやってもいい)
・フタ開けてHDDからSSDに交換
・HDDをUSB接続で起動してディスクユーティリティでMac OSを移行
・Bootcampのために新しくパーティションを切る
・作ったパーティションにwincloneのレストアでデータを移行
こんな感じになります。

ハード的な作業の流れは参考ブログ様を見ながらでしたがあっという間でした。
トルクスドライバーも今ではどこでも買える普通のアイテムになりましたので困る事は無いと思います。
あとはせっかくフタを開けたのでちょこちょこ掃除など。

mbp

データのイメージ化や移行作業はボタンをいくつか押すだけなので簡単なのですがとにかく時間がかかりました。
たぶん5時間くらいかかってます。
あとはデータ移行についてのブログ記事の大半はOS X Lionなんですよね。
当方のはSnow Leopardだったので不安でしたが時間がかかるってだけでした。

授業などで使うのがメイン(そんなにがっつり作業させない)だったので買い替えるのもねぇって思っただけに
金額的にも難易度的にも非常に楽にストレスのないマシンに変身させることができたと思います。
いいっすよ、お試しあれ※


Trackback

no comment untill now

Add your comment now