ご無沙汰しております。

ありがたくも忙しいのがずっと続いておりました。
今日もぜんっぜん仕事とかに関係ないエントリーです。

タイトルのような事になった方多くないです?
PC(おそらくMacからも)から同期したフォルダですがiPhone上で【アルバム】になるわけです。
で、この【アルバム】iPhoneからの操作では消せないんですね。
この時点で「Appleはソフト作るのやめなよ」的な気持ちが再燃してきたのですがそこは脇に置いときます。

色んなところの情報を見ると、
iTunesの写真の項目から【写真の共有元】のチェックを外して同期してあげれば削除できる、
と書いておりました。
これが私の環境では出来なかったのです。
理由は【共有元のパスがなくなってる】ってことでした。
いや、難しく考えなくて構いません。
共有元のフォルダが存在してたハードディスクの電源切ってません?
iTunesを一旦落として、ハードディスクの電源を入れ直してからもっかい立ち上げてみましょう。
【写真の共有元】の隣のプルダウンから消したいフォルダ(アルバム)が出てくるはずです。
改めて【写真の共有元】のチェックを外して同期してあげればiPhoneから
該当のアルバムが消えるはずです。

自分の場合はそのハードディスクを取り外してたんですね。
仮にハードディスクが壊れてしまったから外してたんだとしたら・・・って考えるとゾッとします。

以上ですー。


2010年の6月に購入したMacBook Pro。
最近どうしよもなくもっさりしてきたのでHDDをSSDに交換しました。

すでに色んな方がブログで交換方法について書いてくれてたのでなにも困る事はありませんでした。
あとは型番による作業の違い、BootcampでWindowsを入れてるかどうかによるデータ移行作業の違いくらいです。

当方のMBPは表題にも書いたMacBook Pro (Mid 2010)、Mac OS 10.6.8(Snow Leopard)
筺体の裏面に書かれてるモデルNoはA1286です。
交換するにあたっての条件は、
・HDDからSSDに交換(容量は同じ500G)
・取り外したHDDは光学ドライブスペースに入れたいけどそれはまた今度
・クリーンインストールはしたくない(Mac OSもWindows7もそのまま移行したい)

この条件にまるまるヒットする情報は無かったので色んなブログ様を継ぎ接ぎしつつ作業しました。

購入したSSDはSamsung 840EVO(MZ-7TE500B/IT)。
他にも競合モデルをいくつか候補に挙げてたのですが一番レビューと価格がこなれてるのが
これだったのでホントはやだったのですがこれに決定しました。
購入時にUSB3.0接続ポータブルSSDキット(SATA-USB3.0変換ケーブル、非売品)が付いてたのも良かったです。

samsung ssd

作業の流れとしては、
・現状のHDDから不必要なデータを削除して少しでも軽く(キャッシュとかいらないソフトとか)
・winclone 2.3.3を使ってBootcamp領域のイメージ化
・SSDをUSB接続してMac OS 拡張 (ジャーナリング)でフォーマット(別に交換時にまとめてやってもいい)
・フタ開けてHDDからSSDに交換
・HDDをUSB接続で起動してディスクユーティリティでMac OSを移行
・Bootcampのために新しくパーティションを切る
・作ったパーティションにwincloneのレストアでデータを移行
こんな感じになります。

ハード的な作業の流れは参考ブログ様を見ながらでしたがあっという間でした。
トルクスドライバーも今ではどこでも買える普通のアイテムになりましたので困る事は無いと思います。
あとはせっかくフタを開けたのでちょこちょこ掃除など。

mbp

データのイメージ化や移行作業はボタンをいくつか押すだけなので簡単なのですがとにかく時間がかかりました。
たぶん5時間くらいかかってます。
あとはデータ移行についてのブログ記事の大半はOS X Lionなんですよね。
当方のはSnow Leopardだったので不安でしたが時間がかかるってだけでした。

授業などで使うのがメイン(そんなにがっつり作業させない)だったので買い替えるのもねぇって思っただけに
金額的にも難易度的にも非常に楽にストレスのないマシンに変身させることができたと思います。
いいっすよ、お試しあれ※


すでにかなりの型落ちながらステッカーなんて貼って愛でてた旧MBPですが、
急きょ先週新型を買ったわけです。 なぜか。

タイトルにあるとおりです、盗まれちまいました。
場所は言わないでおきます、なんせ自分の不注意ですもんね。

盗まれたあと色々と考えてみました。
たいていこの手の話のオチとしては、
「警察もその程度じゃ動かないしね」とか、
「まず見つからんわなぁ」とか。
okwaveなんか見てもあきらめましょう的な書かれ方をしてるものがほとんどでした。

だよねぇ。
もう過ぎた話ですから旧型のことはあきらめます。
※つっても日々ヤフオクやらなんやらににらみは利かせてます。

ただ情報を探してるうちに面白いソフトを見つけました。

Prey

簡単に説明すると、

・あらかじめクライアントをマシンに仕込んでおく、裏側でひっそりと起動してるので気づかれない。
・サイト側でもクライアントを仕込んだマシンを登録しておく。
・クライアントを仕込んだマシンが盗まれたらサイトに行って登録情報をMissing(行方不明)に切り替える。
・あとはそのマシンがネットにつながったら20分毎にIPなど各種情報を指定のメールアドレスに転送してくれる。
・マシンにWebカメラが内蔵されてる場合はこっそり撮影してこれもメールに転送してくれる。

おもろい。
速攻入れました。
もちろん、【ネットにつながれば】という大前提があって初めて役にたつものであることは言うまでもありません。
しかしちょっとでも犯人を追える可能性が出るのであればこれはやらない手はないなとも思いました。

ってことで他にも似たようなソフトがあったので全部いれてます。
これでもっかい盗まれようと思ったりもしましたがさすがにそこまで勇気はでません。

皆さんもどうかお気をつけて。

6月10日追記
「どうせなら件のMBPのスペックここに書いとけば?」と言われなるほど納得、
「あぁ電柱なんかに張り紙されてる【迷いインコです】とかのノリだな」と思ったのでここに書かせていだきます。
戻らないことは重々承知の上で、しかしちょっと珍しい仕様(Mac使いからすると珍しくもないけど)なので
なんか情報がくればいいなーって程度で。

・Part No. MB075J/A ※MA896J/Aの光沢版
・Serial No. W87240DKYAM
・メモリは4Gに
・USキーボード
・液晶は亡くなる寸前(こんな感じ) ※リンク先の方、毎度毎度リンクさせてもらってすいません。


どうも。
ちょっと忙しく久しぶりの更新でございます。

色々悩んでたのですが、突然買わなくてはならない事態になりApple Store天神に行ってまいりました。
取り急ぎだったので構成は、
・i7 2.66Ghz
・メモリ4G
・HDD500GB(5400 rpm)
・1680x1050非光沢
・USキーボード
というディスプレイ以外ノーマルな感じです。
懐に余裕が出来次第、メモリ増強に・・・と言ったとこでしょうか。
※SSDはまだやっぱ価格がつらい。

あとはBootCampでwindows7 64bitにしています。
いいですよ、7。
XPからいきなり7にするとなんかもう別次元です。
「まだXPで・・・」って思ってる方にはぜひおすすめです。

時間に余裕があったらEnvyの新作でるまで待ってたんだけどなー。
いつかまた手に入れられるように頑張りたいと思います。


どうも数日経つと、あれはあれで買ってもいいスペックなんじゃないか?
と思い始めてるサカイです。

パスと思ってた理由ですが、メモリ上限とHDD上限、そしてグラフィックが
Mobility Radeon HD5800シリーズじゃなかったことです。

ではなんで買ってもいっかって思ったかというとやっぱり価格ということになります。
そして今使ってるMBPの液晶に縦縞が入ったから。。。。

コストパフォーマンスと性能の両立的なところから、買うとするなら
15インチのi7 2.66Ghzかなと思いました。
メモリは4Gにしといて後からバルクで追加、あとは画面をノングレアで223,920円、
教育機関の方は202,008円、アップルオンキャンパスプログラムに参加してる教育機関なら
さらにここから4%程度割引が発生するようです。

20万切りますね。
なんとなく軽い気持ちで買えそうな気がしてきました。

さて、買いたいものはこれだけじゃありません。
春ですから色々と新製品が出てきます。
まずは、
・Adobe Creative Suite 5 Master Collection
これまた学生版だと13万以下らしいです。
Master Collectionもだいぶ安くなりました。         まだ高いけど。
あとこれが気になります。
・Autodesk Entertainment Creation Suite
内容といい価格といい大丈夫か?って感じの商品です。
問題は【使用制限1年間】を過ぎるとどうなるんだ??ってことです。
知ってる方がいましたら教えてください。

まああの価格なら毎年買ってもいいんじゃないかと思ったりもしますけどね。


・Intel Core i7 2.66GHz
・4GB(2GB SO-DIMM × 2)1,066MHz DDR3 メモリ、SO-DIMM 最大8GB
・500GB(7,200rpm)HDD、 128GB、256GB、512GB SSD
・NVIDIA GeForce GT 330M 512MB GDDR3

出ました。
なんかかなりリーズナブル感のある価格帯になりましたね。

が、このスペックじゃちょとProとは言いがたい。
今回はパスです。

あーストレスたまるー、新作のウワサもあるENVY買おうかいな。


未だ発表どころかウワサすら出てこない新型MacBook Pro。
BootCampでMac OS XとWindowsが両方使えるという点で重宝してたわけですが、
どうにも出る気配がないです。

すでにCore2Duo、メモリ最大4G(ウチのはMB075J/A)なんて
とてもProと呼べるスペックではなくなってしまい、はやくi7モデルが
出てきて欲しいわけですが当のAppleはiPadだけをプッシュしてる始末。

じゃあこれに代わるものはあるのかというとコレ↓。

HPのEnvy15。
すっごいMBPに似てます。
だからチョイスしたわけじゃないんですけど、ホントはVoodoo時代から欲しかったモデルです。
HPに吸収されてVoodooの文字は無くなってしまったのは残念ですが
スペックはVoodooを継承してると思います。

簡単にスペックを。
・Core i7-820QM Quad Core Processor(1.73GHz, 8MB L3 Cache)with Turbo Boost up to3.06GHz
・16GB DDR3 System Memory
・640GB 5400RPM SATA Hard Drive (160G SSD ×2も可能)
・1GB ATI Mobility Radeon HD5830 Graphics – For i7 Processors
さらにUSB3.0もいけます。

Mac OS Xが走らせられないのは残念ですが、それ以外では惚れ惚れします。
SSD以外を最大構成にしても$3500、現行のMBPとあんまり変わりません。

・・・というかですよ。
次のMacBook Proは最低でもこれ以上のスペックで来てほしいですよね。

サカイの願望でした。

あ、Envy15は日本では未発売です、アメリカ本国のHPからどうぞ

3月11日追記
なんか米国時間?の14日になんかしらの発表があるらしいですね。
iPadの発売予定日も決まったし(←どうでもいいけど)今度こそ来てほしいっ

3月16日追記
「分割金利1%キャンペーン」
「Windows PC下取り20%アップキャンペーン」
・・・別に買いたい商品がない状態でそんなことされても、ねえ。


WordCamp Fukuoka 2010を数日後に控え、未だ現場機材との接続テストを
行っていないってのはさすがにマズイよね・・・ってことで急きょ下見。

初デートの前の女の子がメイクに気合いを入れるみたく自分もMBPに化粧し直し。
以前のステッカーはそろそろ色あせてきてたので新調。
もう結構古いモデル(MB075J/A)なので中身は新しくできませんが、まあ気持ちだけでも。

当日は裏の調整室に備え付けだから、誰に見られるわけじゃないのに妙にわくわく。