AE環境設定画面

新マシンになって初めてのお仕事だったのですが、AEのレンダリングがなんか遅い。
サイズも尺もかけてるエフェクトもいたって普通だったんですがやけに時間かかるなぁと。

で、よくよく見たら【複数のフレームを同時にレンダリング】のチェックを入れ忘れてました。
上の画像の下部にあるのがレンダーキューの画面です。
上段がチェックなし、下段がチェックあり。
だいたい50%くらい早くなりました。
すごいすね、びびりました。

あやうく新マシン不審になるとこでした。
CINEBENCHとWindowsエクスペリエンスインデックスは下のようになっております。
左が旧お仕事マシン。
右が今回レンダリング時間を計った新お仕事マシンです。

これ、組んだ当時はあんま強烈に変わった印象は無かったのですが、上のレンダリング時間で
さすがに違うなと思い知らされました。
cinebench


画像を見ていただければ解ると思いますが、すでに1世代前な感じのPCです。
組んでから約2年半経ってプライマリが調子悪くなってきたのでSSDに換装することにしました。

SSDについてはMBがGA-MA790GP-DS4Hというちょっと古いものだったのもあって
「SATA6Gbpsにしても意味ないよなぁ」とか色々悩んだ結果、
X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH160G2K5にしました。

で、いっしょに注文してたLB コピー ワークス12が別発送で遅れたので
試しに使ったのがEASEUS Disk Copyであります。
フリーで日本語化もされてませんでしたが、中々すごいやつでした。(※本文最後に追記)
LB コピー ワークス12が無駄になった模様です。

結果から言うと不具合もなく快適な換装ができたと思ってます。

導入の流れについては他のブログ様で解りやすく紹介されておりますので割愛しますけど、
それらの記事には書かれて無かった事を数点ピックアップしたいと思います。

●換装先(SSD)を最初につないだ時のドライブの文字列はなんでもいいっぽい。
サカイはまず最初にSSDを他のセカンダリと同じようにつないでフォーマットしたのですが、
そこで文字列を求められたんですよね、「Dドライブにする?それともE?F?」なアレです。
cドライブから起動してるわけですから当然cは選べません。
大丈夫かなと思いましたがまったく問題ありませんでした、最終的には勝手にcドライブになってくれました。

●以前つないでたHDDの情報まで換装されてた。
上の「勝手にcドライブになった」ことで プロパティからSSDを参照するとIntelの文字はなく
以前のHitachiのHDDの名前が表示されてました。
PC的には「これはSSDじゃない、以前となにも環境は変わっていない」と見られてるようです。

不具合と言っていいのか微妙なものでしたのでこのまま放置してますが
windowsエクスペリエンスのスコアもちゃんとアップしてますしソフトの起動スピードも上がってますので
まぁ、問題ないレベルの不具合ということで引き続き放置する予定です。

windowsエクスペリエンスのスコアはプライマリが5.9から7.1にアップしております。

SSDにしよう!と思ってて、「でもまたosやらソフトやらインストールしなおすのめんどくさいわぁ・・・」
ってお考えの方、是非お試しください。
もちろん自己責任は付きまといますけどね。

20170809追記
【EASEUS Disk Copy】ですが2017年現在、【EaseUS Disk Copy Home】と名称変更し
日本語版リリース、日本語サポートの有償ソフトウェアになっているようです。
ただ安価かつ以前よりずっとわかりやすくなっているようですので検討してみるのも良いと思います。

 


iOS 4.2になってMobileMeの会員限定だった
「iPhoneを探す」機能がiPhoneで使えるようになりました。

一応どんな機能かっていうと、落としたり盗まれたりなどで
どっかに行っちゃったiPhoneをPCなどから地図で現在の場所を表示したり
遠隔操作によってデータを消したりロックしたりメッセージと共に音を鳴らしたりと
言うようなことが出来るようになるという機能だそうです。

で、こちらにその「iPhoneを探す」機能のセットアップ方法が書かれていますが
言葉足らずというか、僕の場合は簡単にいきませんでした。
同じような条件の人って結構いるんじゃないかなーと思ってメモも兼ねてここに書いておく事にします。

・MobileMeを今まで使った事がない。
・Apple IDがメールアドレスの状態ではない。

上が僕の場合の条件でした。
MobileMeのIDを持ってる方はおそらくすんなり事が運ぶとおもうのですが、
僕はこのサービスを使った事がありませんでしたので当然MobileMeのIDは持っておりません。
そしてApple IDが6文字程度のただの文字列だったわけです。
この状態でセットアップを開始すると【IDとパスワードが違います】と言われます。
「え?Apple IDもってんのになんで??」状態です。

そこでまずはAppleのサイトのサポートに行きます。
そしてApple IDのサポートについてなのですが、かなり下の方にひっそりとリンクがあります。
見落としそうな場所と大きさなのでリンクを貼っておきます。

Apple ID サポート

ちなみにサポートトップから一旦サポートサイトマップをはさんでからApple IDサポートについて
をクリックすると英語ページに行っちゃいますので注意してください。

移動したらいくつかのサポート項目がありますが、この中から
【My Apple Id を使ってアカウント情報を管理する】
ってのを選んで現時点で持っているApple IDを使ってログインします。

そして【Apple IDとパスワードの変更】でIDを登録している主要メールアドレスと同じものに変えます。
またメールアドレスを登録しているものの、主要アドレスとして指定していない場合はこれも行っておいてください。
指定するとそのメールアドレスにAppleから
【Apple ID ご連絡先メールアドレスをご確認ください】というメールが着ますので
本文にある【今すぐ確認>】をクリックして指定変更を完了させておきます。

これでやっとAppleの言う【Apple IDメールアドレス】というものが設定できました。
心置きなく母艦から遠隔でブザーを鳴らしてみてくださいませ。

しかしこれでいっこめんどくさいことが起きませんかね?
iPhoneからアプリや楽曲を購入する際に入力するApple ID。
文字数が多くなって入力するのに手間取りそうな気が。

ちょっとだらだら書いてしまいました。
Apple IDの変更方法がわかりにくいって方はこちらも参考にしてみてください。

あ、そうそう追記です。
もっと簡単なIDの変更方法はiTunesです。
メニューからStore>マイアカウント(ユーザー名)を表示からアカウント情報の編集が行えますので
たぶん上に書いたやり方よりもちょろいと思います。

さらに追記です。
その後アプリのアップデートを何度かやってみましたが、IDを求められたのは初回だけで
あとは以前と同じパスワードの入力だけでした。


MBPを新調したのでマウスも新調です。
ただし以下の条件がアリ。

・ワイヤレスである
・モバイル仕様のそこそこ小さいモデルである(あんま小さいのは困る)
・Bluetoothである(USBの穴をレシーバーのためにふさがれたくない)
・5ボタンである(3Dと映像ソフトでは重宝するので)

たったこれだけなのに選択肢が一気に減ります。
なんで? Bluetoothが流行ってないのか?
たとえ小さくて邪魔にならなくてもあんなレシーバーのために
USBの穴が1個ふさがれるのはどうしても許せんのだけどみんなは気にならないのか。

で、選んだのがこいつです。

Microsoft Wireless Notebook Presenter Mouse 8000

以前からマウスはマイクロソフトが好きでMacだろうがなんだろうが
マイクロソフトを使ってるんですが、上の条件にヒットするマウスはコイツだけでした。
しかも値段高すぎです。
理由は裏面にありました。

なにこの再生ボタン??
しかも真ん中の※印のようなボタンを押すとマウス前面からレーザーが出ます。
武器か!?
ここで商品名の意味がわかりました。

コイツはどうもプレゼンター特化のマウスのようでした。
プレゼン時にはページ送りが出来たりボリューム調整が出来たり、
パワポ使用時はデジタルインク機能(なにそれ)が使えたり、
極めつけはレーザーポインタにもなるという

【別になくてもいいんだけど付加価値いっぱい付けてみました仕様なマウス】

だったのです。
・・・いらんて、そんな機能。
まるで髭剃り携帯くらいてんこ盛りマウスでした。
僕は5ボタンでBluetoothであればそれでよかったのに。
しかも右側ボタンの押しにくいこと!
ホイールのコリコリ感もないし。
これならこっちでも良かったよな・・・と。

レビューも口コミも見ずにヤマダ電器・ビックカメラ香椎・ベスト電器・ビックカメラ天神と
渡り歩いてどこにもなくてやっとの思いで買った僕の心は折れたのでした。

え、バッファローやエレコムからも出てるって?
・・・なんかいややん、ネームバリュー的に。
あぁ、それが一番の間違いか。


すでにかなりの型落ちながらステッカーなんて貼って愛でてた旧MBPですが、
急きょ先週新型を買ったわけです。 なぜか。

タイトルにあるとおりです、盗まれちまいました。
場所は言わないでおきます、なんせ自分の不注意ですもんね。

盗まれたあと色々と考えてみました。
たいていこの手の話のオチとしては、
「警察もその程度じゃ動かないしね」とか、
「まず見つからんわなぁ」とか。
okwaveなんか見てもあきらめましょう的な書かれ方をしてるものがほとんどでした。

だよねぇ。
もう過ぎた話ですから旧型のことはあきらめます。
※つっても日々ヤフオクやらなんやらににらみは利かせてます。

ただ情報を探してるうちに面白いソフトを見つけました。

Prey

簡単に説明すると、

・あらかじめクライアントをマシンに仕込んでおく、裏側でひっそりと起動してるので気づかれない。
・サイト側でもクライアントを仕込んだマシンを登録しておく。
・クライアントを仕込んだマシンが盗まれたらサイトに行って登録情報をMissing(行方不明)に切り替える。
・あとはそのマシンがネットにつながったら20分毎にIPなど各種情報を指定のメールアドレスに転送してくれる。
・マシンにWebカメラが内蔵されてる場合はこっそり撮影してこれもメールに転送してくれる。

おもろい。
速攻入れました。
もちろん、【ネットにつながれば】という大前提があって初めて役にたつものであることは言うまでもありません。
しかしちょっとでも犯人を追える可能性が出るのであればこれはやらない手はないなとも思いました。

ってことで他にも似たようなソフトがあったので全部いれてます。
これでもっかい盗まれようと思ったりもしましたがさすがにそこまで勇気はでません。

皆さんもどうかお気をつけて。

6月10日追記
「どうせなら件のMBPのスペックここに書いとけば?」と言われなるほど納得、
「あぁ電柱なんかに張り紙されてる【迷いインコです】とかのノリだな」と思ったのでここに書かせていだきます。
戻らないことは重々承知の上で、しかしちょっと珍しい仕様(Mac使いからすると珍しくもないけど)なので
なんか情報がくればいいなーって程度で。

・Part No. MB075J/A ※MA896J/Aの光沢版
・Serial No. W87240DKYAM
・メモリは4Gに
・USキーボード
・液晶は亡くなる寸前(こんな感じ) ※リンク先の方、毎度毎度リンクさせてもらってすいません。


どうも。
ちょっと忙しく久しぶりの更新でございます。

色々悩んでたのですが、突然買わなくてはならない事態になりApple Store天神に行ってまいりました。
取り急ぎだったので構成は、
・i7 2.66Ghz
・メモリ4G
・HDD500GB(5400 rpm)
・1680x1050非光沢
・USキーボード
というディスプレイ以外ノーマルな感じです。
懐に余裕が出来次第、メモリ増強に・・・と言ったとこでしょうか。
※SSDはまだやっぱ価格がつらい。

あとはBootCampでwindows7 64bitにしています。
いいですよ、7。
XPからいきなり7にするとなんかもう別次元です。
「まだXPで・・・」って思ってる方にはぜひおすすめです。

時間に余裕があったらEnvyの新作でるまで待ってたんだけどなー。
いつかまた手に入れられるように頑張りたいと思います。


どうも数日経つと、あれはあれで買ってもいいスペックなんじゃないか?
と思い始めてるサカイです。

パスと思ってた理由ですが、メモリ上限とHDD上限、そしてグラフィックが
Mobility Radeon HD5800シリーズじゃなかったことです。

ではなんで買ってもいっかって思ったかというとやっぱり価格ということになります。
そして今使ってるMBPの液晶に縦縞が入ったから。。。。

コストパフォーマンスと性能の両立的なところから、買うとするなら
15インチのi7 2.66Ghzかなと思いました。
メモリは4Gにしといて後からバルクで追加、あとは画面をノングレアで223,920円、
教育機関の方は202,008円、アップルオンキャンパスプログラムに参加してる教育機関なら
さらにここから4%程度割引が発生するようです。

20万切りますね。
なんとなく軽い気持ちで買えそうな気がしてきました。

さて、買いたいものはこれだけじゃありません。
春ですから色々と新製品が出てきます。
まずは、
・Adobe Creative Suite 5 Master Collection
これまた学生版だと13万以下らしいです。
Master Collectionもだいぶ安くなりました。         まだ高いけど。
あとこれが気になります。
・Autodesk Entertainment Creation Suite
内容といい価格といい大丈夫か?って感じの商品です。
問題は【使用制限1年間】を過ぎるとどうなるんだ??ってことです。
知ってる方がいましたら教えてください。

まああの価格なら毎年買ってもいいんじゃないかと思ったりもしますけどね。


・Intel Core i7 2.66GHz
・4GB(2GB SO-DIMM × 2)1,066MHz DDR3 メモリ、SO-DIMM 最大8GB
・500GB(7,200rpm)HDD、 128GB、256GB、512GB SSD
・NVIDIA GeForce GT 330M 512MB GDDR3

出ました。
なんかかなりリーズナブル感のある価格帯になりましたね。

が、このスペックじゃちょとProとは言いがたい。
今回はパスです。

あーストレスたまるー、新作のウワサもあるENVY買おうかいな。


未だ発表どころかウワサすら出てこない新型MacBook Pro。
BootCampでMac OS XとWindowsが両方使えるという点で重宝してたわけですが、
どうにも出る気配がないです。

すでにCore2Duo、メモリ最大4G(ウチのはMB075J/A)なんて
とてもProと呼べるスペックではなくなってしまい、はやくi7モデルが
出てきて欲しいわけですが当のAppleはiPadだけをプッシュしてる始末。

じゃあこれに代わるものはあるのかというとコレ↓。

HPのEnvy15。
すっごいMBPに似てます。
だからチョイスしたわけじゃないんですけど、ホントはVoodoo時代から欲しかったモデルです。
HPに吸収されてVoodooの文字は無くなってしまったのは残念ですが
スペックはVoodooを継承してると思います。

簡単にスペックを。
・Core i7-820QM Quad Core Processor(1.73GHz, 8MB L3 Cache)with Turbo Boost up to3.06GHz
・16GB DDR3 System Memory
・640GB 5400RPM SATA Hard Drive (160G SSD ×2も可能)
・1GB ATI Mobility Radeon HD5830 Graphics – For i7 Processors
さらにUSB3.0もいけます。

Mac OS Xが走らせられないのは残念ですが、それ以外では惚れ惚れします。
SSD以外を最大構成にしても$3500、現行のMBPとあんまり変わりません。

・・・というかですよ。
次のMacBook Proは最低でもこれ以上のスペックで来てほしいですよね。

サカイの願望でした。

あ、Envy15は日本では未発売です、アメリカ本国のHPからどうぞ

3月11日追記
なんか米国時間?の14日になんかしらの発表があるらしいですね。
iPadの発売予定日も決まったし(←どうでもいいけど)今度こそ来てほしいっ

3月16日追記
「分割金利1%キャンペーン」
「Windows PC下取り20%アップキャンペーン」
・・・別に買いたい商品がない状態でそんなことされても、ねえ。