福工大駅近くにあるラーメン屋です。
福岡の東に住んでる人は結構知ってる名の知れた店のようです。
元々は産大近くにあったらしいですが、美咲のぶた屋の近くに移転し、さらに先月くらいから
もっと駅に近いところに移転しました。
看板がド派手になっています。

さて、そんな移転を重ねてきたお店ですが味の方も昔と比べるとかなり変わったとか。
まぁその辺昔のことは知りませんので今の味を楽しみたいと思います。

お約束のオーソドックスなラーメンを注文。
スープの色が濃いめ、しかしあまりこってりはしてないようです。醤油とんこつかな?
表面に張るラードっぽい膜がどこか自分の生まれ故郷の戸畑のラーメンを思い出します。
麺は極細、比較的硬めです。

途中子供連れのお客さんがきて相席になった時の店員さんの気遣いが気持ちよかったです。
味も大事だけどこーゆーのも大事。
愛嬌のあるお店にはまた行きます。


京都拉麺小路にて。
親戚の集まりで京都に行った際、京都駅内でちょっと時間が出来たので
前々から行きたかった京都拉麺小路に行きました。

で、やはり京都に来たんだから京都ラーメンでしょうとなりまして宝屋さんに入りました。
やはりオーソドックスにラーメンを注文します。

なんか京都ラーメンに縁があるんでしょうか、来来亭も京都ラーメンでした。
背脂の具合なんかは似てますが味は別物でした。
こちらは醤油とんこつがベース。
スープはサラサラで醤油の濃さがあります。
麺もおいしかったです、やはりコストと手間がかかっても国産小麦で作ってほしいです。

少し暗い店内だったのでiPhoneがピント合わせてくれませんでした。
アンシャープマスクでごかんべんを。

ちなみに同じ京都拉麺小路内に福岡の一幸舎も入ってます。
思えば前にここに来た時はこの一幸舎のオープン2日前でした。
こちらのレビューはまた次回の講釈で。


熊本からの仕事帰りの際、どうも気になって入ってしまいました。
博多駅在来線の1・2番ホーム東側にある立ち食いラーメンです。
昔一度はいったことがあったのですが、あまり記憶に残ってないので今回が初ということにしましょう。

さて、やはりオーソドックなラーメンを注文。
スープは濃い目のサラサラ、麺は細麺。
長浜っぽい感じです。
で、熱々でした。
食べたあと電車の中で舌がヒリヒリしちゃったです。
10分しかない電車待ちに食べようとした罰かもしれません。

あとちょっと残念だったのは店内の冷房の強烈さでした。
どこに立っても寒い。。。
修理業者っぽい人がいたのであれはクーラーが暴走してたのだと思うことにします。

しかしホームにあるラーメン屋、しかも立ち食いなのにイイ味です。
夜、お酒を飲んで電車に乗る前にたべるともっとイイ感じなのでしょう。
その内わざとそんなシチュエーションを作って行ってみることにします。

他のホームにも同じラーメン屋がありますが味は違うのだろうか気になるところ。


九州では有名です、語るまでもないラーメン屋です。
今回は天神今泉店に行きました。

その日は雨が降っており、昼時を過ぎていたのですがそこそこのお客が入ってました。
サカイが店内に入っても気づかれない・・・、食券制のお店はこの辺がちょっと苦手です。
食券を買ってテーブルに着きます。
頼んだのは屋台時代のこってり味を再現したという”昔ラーメン”。

さて、出てきたのが上の写真です。
少し雑です。
スープの表面の泡、他の人は知らないですがサカイは個人的に好きくないです。

味は好きなんだけどなぁ。
日を改めてもっかい行くことにしましょう。


新宮町美咲にありますラーメン屋です。
店内は結構清潔そうな感じ。
4人がけのボックス席が4つほど、あとはカウンターに10人弱はいけそうです。
お冷はステンレスのポットに入っており各テーブルとカウンターに置かれてますのでセルフで。

さっそく基本のラーメンを頼みます。
店の看板には”本格 長浜ラーメン”とありますが、長浜よりも濃厚こってり、
とろみのあるスープが魅力です。
麺は極細、とくに何も言わなくても比較的”カタ”の状態で出てきます。
ここのチャーシューもやわらかくイイ感じでした。


北陸・甲信越・東海~西日本に展開しているお店です。
のれんわけで全国展開しているようです。
行ったのは先月オープンしたての新宮店。
店員さんの元気がすさまじい、なんというかガテン系なラーメン屋です。

さて、ラーメンは京都風の醤油ラーメンに背脂入ったけっこう濃厚なラーメンです。
また一味唐辛子も入っていてピリリとしました。
この辺は好みで抜いてもらうことも出来るようなので辛いのが苦手でも問題ないです。

また、より博多のとんこつっぽいのが好みという方は「こってりラーメン」というのもあります。
醤油とんこつでしょうか、でもちょっと味噌の入ってる感じも。

麺は細めんのストレート。
チャーシューが溶けそうなのがイイ感じでした。


北九州市は戸畑区の初音町にある共栄軒です。
店のたたずまいがなんかレトロでイイ感じ。

やはりオーソドックスにラーメンを頼みます。
ちょっとびっくりなのはとんこつなのに結構透明感があるスープだったことです。
味はしっかりした濃さがあるのにさっぱり。
飲み干したのにもたれませんでした。

あともやし。
いつもきくらげの入ったこってりなラーメンばっかりだったのでこれは少し新鮮でした。

お近くに行った際はどうぞー。


大学の生徒さん数人と行ってまいりました。
店内はお座敷とカウンターでそうですねぇ、30強は座れそうな感じでしょうか。

熊本ならではのクリーミーさもありますが、焦がしにんにくも入って結構濃い目です。
麺は中太のストレート、チャンポン麺より少し細い感じ。
テーブルまで運ばれてきたと時に、別に生にんにくいるかどうか聞かれますのでお好みで。

エセ博多っ子なので基本極細麺が大好物なのですがスープの濃さなんかは好みでした。
これで極細なら・・・と思ってしまうのが悪いくせ。

お近くに行ったら是非どうぞ~


福岡市東区香椎から3号線を北九州方面に進んで新宮町に入ってすぐにあるお店です。
web仲間の友人の友人が働いてるそうで、よく
「時間があったら行ってみてよ」
って言われてたんですが、やっと行くことができました。

さて、肝心のラーメンですが色々メニューのある中からやはりここはオーソドックスなラーメンを注文。
個人的にかなりきました、イイ味してます。
こってりな部類と思いますがギトギトはしてません。むしろさらさら。
濃い目の味付けですが醤油辛い感じもしません。
麺は細めんで一玉が少し小さめかも(替え玉がすんなり入ります)

郊外のお店なのに深夜3時まで開いてるのもいいです。
また子供にやさしいお店です(子供イスがぱっと見、4つくらいあった)
小さい子供がいてなかなかラーメン屋に行けないって人も気兼ねなく行けそうです。

ちょっとファンになりました。
たぶん通います。
もう反対車線にある一蘭には行かない(鴨)

らーめん雷蔵


福岡市東区名島にある博多濃麻呂(はかたこくまろ)。
でかい店が気になってUターンして入りました。

キレイな外観なので最近のお店?って思ったけど結構老舗みたい。
店舗数もそこそこあって二子玉川にもあるんだって。
その辺は他の人のブログでも見てください。

いちばんオーソドックスにラーメン(480円)

スープは濃い目でクリーミー、でもサラサラ。
海苔が入ってるって感じからもどこか久留米ラーメンに近い気がします。
叉焼は小さめだけどトロりでなかなか。
きくらげ多し。

その他タンメン角煮とかみそ卵麺とか、とんこつじゃないのありそう。