Warning: mysql_real_escape_string(): No such file or directory in /home/sites/heteml/users/l/i/t/littlesnow/web/thinkgear/blog/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string(): A link to the server could not be established in /home/sites/heteml/users/l/i/t/littlesnow/web/thinkgear/blog/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string(): No such file or directory in /home/sites/heteml/users/l/i/t/littlesnow/web/thinkgear/blog/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string(): A link to the server could not be established in /home/sites/heteml/users/l/i/t/littlesnow/web/thinkgear/blog/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string(): No such file or directory in /home/sites/heteml/users/l/i/t/littlesnow/web/thinkgear/blog/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string(): A link to the server could not be established in /home/sites/heteml/users/l/i/t/littlesnow/web/thinkgear/blog/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string(): No such file or directory in /home/sites/heteml/users/l/i/t/littlesnow/web/thinkgear/blog/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string(): A link to the server could not be established in /home/sites/heteml/users/l/i/t/littlesnow/web/thinkgear/blog/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string(): No such file or directory in /home/sites/heteml/users/l/i/t/littlesnow/web/thinkgear/blog/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string(): A link to the server could not be established in /home/sites/heteml/users/l/i/t/littlesnow/web/thinkgear/blog/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string(): No such file or directory in /home/sites/heteml/users/l/i/t/littlesnow/web/thinkgear/blog/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string(): A link to the server could not be established in /home/sites/heteml/users/l/i/t/littlesnow/web/thinkgear/blog/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786
Thinkgear MCR » Toolz Other

※この記事は2013年当時のものでものすごく古く参考になりません。
ZBrushや3D-Coatなどを使用した方が良いです。

福岡市中央区にある博多図工室さん主催の【もくもっくあっぷナイト 第0回】に参加してまいりました。

話題のポージング人形QumarionやKinect、さらにははんだごてやフライス盤、レーザーカッターなど
子供心を持ったまま大人になることのできた男の子たちの図画工作意欲をかきたてる
数々のツールを安価で使用することのできる秘密基地的遊び場である博多図工室。
しかしどのツールをどういう風に使えば何ができるのかなかなか分からないもの。

そこで毎週木曜日の20時から図工室にあるツールをビール片手に囲みながら同好の士で使い方や
成果物の活用を模索する、そしてゆくゆくは博多図工室を活用していただくために知っていただく、
それが【もくもっくあっぷナイト】なのではないかと勝手に解釈しております。

記念すべき0回目のツールは【3Dプリンタ】でした。
出始めの頃は数千万円なんてとんでもない価格だった3Dプリンタも年月と共に大きさや出力方式を変えて
安価になってきました。
博多図工室さんに置いてある3Dプリンタは福岡市西区の株式会社ホットプロシード社製の【Blade-1】。
お値段は13万円。
昔坂井がさわった1500万のプロユース機からすれば一家に一台あってもおかしくない価格になりました。

さて、この会に参加するにあたり何かしらの出力可能なデータを持っていこうと考えました。
そこで去年作ったヒューマンモデリングど素人の私が作ったゴーカイピンクを選びました。
そこそこの曲線とモールドそしてこの部位によってまちまちなポリゴン数、
これがどのように立体物として再現されるか興味があったのも選んだ理由です。

もちろん作った当時はプリントアウトすることを想定しておりませんでしたので、今回バタバタでパーツ分けを行います。
適当にモデル上で切りやすい、かつ出力後の塗装などのしやすさを考えてパーツ分けしていきます。
また組み立時にパーツ同士がずれないようほぞ穴もあけておきます。
ゴーカイピンク接合部1 ゴーカイピンク接合部2

元々がこんな穴をあけることを考えてたわけではないので完全に後付けです。
最初は「ブーリアンですぐ穴あくやろ」程度で考えてたんですがMayaに限らずブーリアンは使い物にならんですね。
仕方ないので近くにあるポリゴンフェースをかきあつめて穴開けを行っています。
今回は図工室の営業時間の関係もありまして頭のみの出力となりましたが時間を見つけて全身やりたいですね。

さて、3Dプリンタで出力するまでの流れは大まかに以下のようになります。
・3Dデータ作成(私はMayaで作りましたが、作りたいものが作れるならなんでもいいと思います)
・スライスソフト(KISSlicer)にインポートして輪切りデータにする(輪切りスキャンするような感じです)
・輪切りデータを3Dプリンタの制御ソフト(Printrun)にインポートする
・出力

この2番目のスライスソフトにMayaのデータをエクスポートするわけですがCGばっかりやってる自分には聞きなれない
【stl】というファイル形式で書き出す必要があります。
元は3D system社ってとこが開発したCAD用のフォーマットらしいです。
色々制限があって色情報やトポロジー情報は破棄、また三角ポリゴンに変換されます。
ということはバンプマップやノーマルマップも破棄されるんでしょうね。
今後の課題として透明マップで抜いてる髪の毛みたいなモデルはどうしたらいいか考えないとですね。

試しに書きだしたstlファイルを再度Mayaに読み込ませてみました。
エンブレム部分の頂点が一点に集中してしまい意匠の穴をふさいだ形になってしまいました。
このように元データ次第では予想してなかったようなフェースの削除のされ方になっている可能性もあります。
stl_file

話を元に戻しましょう。
Mayaからこのstlファイルを書き出す場合、Mayaのインストール時にAutodesk DirectConnect
いっしょにインストールしておけばファイル→すべてエクスポート(選択項目をエクスポート)
stl形式での書き出し選択がでてきます。
stl_export

この書き出し時の注意点としては、【出力したいパーツごとに書き出す】ということです。
Maya上で複数のパーツから構成されていて出力時に1個のパーツとして出力したい場合は
上の画像にもある通り複数選択をしてからファイル→選択項目をエクスポートを行います。
その後もっていくスライスソフトでは一旦インポートしたあとに追加インポートはできません。
【まとめるとこはまとめて書き出す】ってのが重要になります。

もう一点注意点があります、それはスライスソフトの座標軸がMayaの座標軸と違うことです。
上の画像のようにマスク部分を1個のパーツとしてstlファイルに書き出したものを
スライスソフトにインポートしたのが下の画像です。
kissslicer1

このように頭が倒れた状態で読み込まれました。
このKISSlicerというスライスソフト、ソフト自体はスライスを行うのみというシンプルなソフト
(モデルの大きさは変えられるみたい)ですので読み込んだモデルを回転させたりすることはできません。
※このソフトの行うスライスとはデータ上で出力する細かさを設定するものです。
 実際のデータが分割保存されるわけではありません。

倒れたままでも出力は可能ですが3Dプリンタの仕様上、接地する部分にラフトと呼ばれる土台が作られます。
このラフトも3Dプリンタから書き出される形状の一部になりますのでモデルの方向によっては後処理が大変になります。
実際、今回はこの倒れた状態のまま書きだしましたのでそれが別の問題を生む結果になっています。
ということでMayaでのモデルの向きにもよりますが軸がY方向に90度倒れた状態になりますのでご注意ください。

最後に大きさを調整してスライス実行、.gcodeという拡張子のファイルを書き出して制御ソフトに渡します。

さあいよいよ出力です。
この部分は図工室の鈴谷さんとホットプロシードの湯前さんにやってもらったのでよくわかりません、ごめんなさい。
制御ソフトでは出力進捗やプリントアウトまでの時間などがざっくり概算でモニターされます。
出力完了までだいだい2時間かかりました。
で、出力しおわったのがこれです。
3Dプリンタ出力1 3Dプリンタ出力2

倒れた状態のまま出力しましたので顔の部分が最後に書き出された部分になります。
ノズルが動く方向を考えればなるほど、と思うのですがあまりに凹みの少ないモールドはほとんど再現されていません。
また、後頭部が土台部分になりますのでここの形状は結構ぐちゃぐちゃになっています、
手でぶちぶちーっとラフトをもぎとったのもありますが・・・。
ちゃんと頭を立てた状態だったらモールドもうまく出たかもしれませんね。
エンブレムはstlファイルの頂点の影響なのか頑張った形跡があるもののエンブレムには見えませんね。

いかがだったでしょうか。
今回はあくまでテスト、どのように3Dプリンタが出力するのかをわかっていなかったためこのような結果になりました。
念のため申し上げたいことはプリンターのポテンシャルを発揮するための最適化された形状作りと
準備をちゃんとしなかったこと。
この結果はプリンターだけのせいではない、ということです。

ざっくりわかったこととしては、
・元モデルのポリゴン数は一定以上細かくしても関係ない
・出力したモデル(立体物)のクオリティを決めるのはスライスの細かさとモデルの向き
・プリンターの解像度(目の細かさ)よりも細かいモールドは出ない

・ラフトが出来ることを想定して切り離す時にディティールを損なう部分を目立たない場所にもってくる必要がある
・元のモデルにラフトと別に土台モデリングを作っておいた方がいいかもしれない

ということです。
このあたりを踏まえて精度をあげていきたいと思います。

しかし結果はこんな形になりましたが私自身はというとかなり感動しております。
画面の中にしか存在していなかったものがこうしてさわれる物体になってるというのは
なんていうかすごい、とにかくすごいの一言です。
出力直後は言葉が出ませんでした。

久しぶりに長いエントリーになりました。
ご清聴ありがとうございました。
また今回こんな趣味なものを出力していただいた博多図工室さんとホットプロシードさんにお礼を申し上げます。
お金があったら上位機の25ミクロンの精度も試してみたいんですけどね・・・(苦笑)


 

poseTest
明日からキョウリュウジャー始まりますね。
ってことでなんとか間に合わせたいとの一心でセットアップもノーマルマップも、
カラーマップも中途半端な状態でレンダリングしてみました。

見えるとこだけちゃんとしときゃOK、というノリでレンダリングしましたが結構めちゃくちゃです。
めちゃくちゃなんで「フィギュアの制作途中」というシチュエーションにしてみました。

取り急ぎの完成ということで引き続き時間を見つけてアニメーションくらいまで持っていきたいと思います。


skinning

仕事の合間を見つけてちょこちょこ進めてますがあんま進んでません。
テクスチャはカラーマップだけ作ってリグとスキニングを先にやっちゃってます。

このぐらいのいわゆるミニスカートってどう制御するのが正しいんでしょう。
ちょっと足上げただけでスカートぼこぼこになっちゃうんですよね、特にシワが入る側が。
去年のゴーカイピンクも同じ事になってポリゴン数を増やす方向に逃げたわけですけど
それでもスカートのめくれはキレイになりませんでした。
片膝立ち、のようなポーズになるとスカート前部の裾はひどいことになりました。

今回、これがいいのかどうかわかりませんが、
リグ構築からバインドまでをTSM2、
スキンウェイトの調整をngSkinToolsというプラグインに頼っています。
本来、TSM2がスキニングまでやってくれるわけですからこの組み合わせはホントは無駄、
というか意味のない事なのかもしれませんね。

ngSkinToolsに関しては使い始めてまだ3時間とかそんなもんでして実は良くわかっていません。
にしてはMayaデフォルトのスキンウェイトツールよりもラインがキレイに見える、気がします。
youtubeにチュートリアルがありましたのでにらめっこしながらさわっていますが
このチュートリアルがとにかく早口&操作も速い。
悪戦苦闘中であります。

まだベータ版なので不具合もあるようですが気づいたのは
日本語版Mayaでは起動しないということです。
インストールするとシェルフにngSkinToolsのタブが出来るのですが日本語版ですとこれが出来ません。
ツール自体の起動がシェルフ経由しかないようなので
日本語版ですとインストールしても見えない、ということになりました。

がっつり時間をかけて没頭したいところですがお仕事優先です。
完成までいけるかどうかあやしくなってきました・・・。


gunner

去年、ゴーカイピンクを作る際に目標の一つに入れてたTSM2(The Setup Machine 2)のテスト。
なんとなーく適当に組んだモデルでもちゃんとセットアップしてくれる結構優秀なプラグインだったのですが、
ゴーカイピンクの制作を終わってからさわる機会がそんな頻繁にあるわけもなく
すっかり使い方を忘れてたんで春休みを機にテストし直しというわけです。

tsm2_proxy

つってもよく考えられたプラグインなのか、ホント簡単にセットアップしてくれます。
上のカラフルな写真のようなBipedを作ってそれをキャラクターに重ねるだけです。
指の本数やシッポのオプションもあります。
人型じゃない場合はBipedを個別に作ることもできるようです。
あー、考えられてなかったなぁという点もあるにはあります。
たとえばスカートみたいなものを履いたキャラ、また複数本のしっぽのあるモンスターなんかは厳しいようです。

最後にメニューからバインドを選ぶとカラフルなBipedは消えてジョイントになります。
結構、少なくとも標準のバインドよりもきれいに決まりますがやっぱズレはありますので
ウェイトはMayaの標準のウェイントペイントツールで。

で、テストなんですが【バインドしたあとのシーンデータはTSM2が入ってないMayaでも動くのか】。
たぶん、、、動くと思うんですが自分の周りの仲間はみんなmax使いなので確認のしようがないのが困ってます。
ということでテストできなかったというオチです。

一番上の画像は、以前お仕事にならなくてボツになってしまったキャラクターです。
棒人間、最近ですとCartoon Warsが有名ですよね。
作った棒人間もアレ的なキャラだったのでCartoon Warsのガンナーっぽくポーズとらせてみました。
持ってるミニガンと後ろのドラムはそれっぽく配置してるだけなのでくっついてきません。
この手の道具を持たせるってのが苦手なんですよねぇ、自分。

 


息子(3歳)を楽しませたい。
授業でのネタになるといい。
春休み中の自身の勉強に。
親がハマってしまった。

色々な理由からではありますが、すでに放映が終わってしまってるにも関わらず
35番目のスーパー戦隊、海賊戦隊ゴーカイジャーよりゴーカイピンクを制作してみました。
上にも書きましたが親がハマるに十分なポテンシャルを持ったある意味卑怯とも言えるシリーズでした。
息子のためとは言え毎週欠かさず録画し、休みには近くの遊園地のゴーカイジャーショーに足を運び
販促も買い、最後には親自らの意思でシアターGロッソの素顔の戦士公演まで行ってしまいました。
ただしここ数年ここまでハマったテレビ番組も珍しいです。
楽しませていただきました。

さて、制作です。
目標としては、
・息子に見せた際にちゃんとゴーカイピンクとして認識されること。
・エフェクトの授業で素材になりうること。
・講師業春休み中(2週間ほど)の自身のスキル向上
・気になってたプラグイン(TSM2)の試用テスト
を掲げて進めました。

結果的には目標は達成できたと思っております。
が、ゲーム業界や映画業界にあるような セオリー通りのスキームはそもそも知識の上でしか知りませんので
勝手な作り方をしております。
意味もなく細かいポリゴン数、スキニングを考えていないフェイスの流れ、  結果ファイルが重すぎるや
無茶なポーズをとらせるとスキンのねじれが大量発生するなど一応ぱっとみゴーカイピンクですが
技術的なところで言えば未完と言えます。
このあたりは引き続き書籍やチュートリアルを参考に完成に近づけたいと思います。

制作を終えて。
もちろん達成感はすばらしいです。
地方の一個人制作者ですからこういったモチーフの制作などやったこともなく、
間違った流れで制作していると解ってはいるものの非常に勉強になりました。
反面、仕事をし結婚し好きに使える時間もほんのわずかしかない現在、 この世界に入ったころに
なぜもっと高みを目指さなかったのかという後悔を感じる事もありました。
そんなイイ面悪い面の気持ちを忘れないためにも今後もこういった事は続けていきたいですね。

ご清聴ありがとうございました。
なんか細かい制作工程よりもメンタル的なとこばかり書いてしまいました。
気が向いたら工程の加筆を行いたいと思います。反面教師的な意味で参考になると思いますよ。

追伸
心配なのは販売目的じゃないにせよ版権物の二次創作をやってることです。
著作権的な問題等ありましたらご一報願います。


画像を見ていただければ解ると思いますが、すでに1世代前な感じのPCです。
組んでから約2年半経ってプライマリが調子悪くなってきたのでSSDに換装することにしました。

SSDについてはMBがGA-MA790GP-DS4Hというちょっと古いものだったのもあって
「SATA6Gbpsにしても意味ないよなぁ」とか色々悩んだ結果、
X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH160G2K5にしました。

で、いっしょに注文してたLB コピー ワークス12が別発送で遅れたので
試しに使ったのがEASEUS Disk Copyであります。
フリーで日本語化もされてませんでしたが、中々すごいやつでした。(※本文最後に追記)
LB コピー ワークス12が無駄になった模様です。

結果から言うと不具合もなく快適な換装ができたと思ってます。

導入の流れについては他のブログ様で解りやすく紹介されておりますので割愛しますけど、
それらの記事には書かれて無かった事を数点ピックアップしたいと思います。

●換装先(SSD)を最初につないだ時のドライブの文字列はなんでもいいっぽい。
サカイはまず最初にSSDを他のセカンダリと同じようにつないでフォーマットしたのですが、
そこで文字列を求められたんですよね、「Dドライブにする?それともE?F?」なアレです。
cドライブから起動してるわけですから当然cは選べません。
大丈夫かなと思いましたがまったく問題ありませんでした、最終的には勝手にcドライブになってくれました。

●以前つないでたHDDの情報まで換装されてた。
上の「勝手にcドライブになった」ことで プロパティからSSDを参照するとIntelの文字はなく
以前のHitachiのHDDの名前が表示されてました。
PC的には「これはSSDじゃない、以前となにも環境は変わっていない」と見られてるようです。

不具合と言っていいのか微妙なものでしたのでこのまま放置してますが
windowsエクスペリエンスのスコアもちゃんとアップしてますしソフトの起動スピードも上がってますので
まぁ、問題ないレベルの不具合ということで引き続き放置する予定です。

windowsエクスペリエンスのスコアはプライマリが5.9から7.1にアップしております。

SSDにしよう!と思ってて、「でもまたosやらソフトやらインストールしなおすのめんどくさいわぁ・・・」
ってお考えの方、是非お試しください。
もちろん自己責任は付きまといますけどね。

20170809追記
【EASEUS Disk Copy】ですが2017年現在、【EaseUS Disk Copy Home】と名称変更し
日本語版リリース、日本語サポートの有償ソフトウェアになっているようです。
ただ安価かつ以前よりずっとわかりやすくなっているようですので検討してみるのも良いと思います。

 


iOS 4.2になってMobileMeの会員限定だった
「iPhoneを探す」機能がiPhoneで使えるようになりました。

一応どんな機能かっていうと、落としたり盗まれたりなどで
どっかに行っちゃったiPhoneをPCなどから地図で現在の場所を表示したり
遠隔操作によってデータを消したりロックしたりメッセージと共に音を鳴らしたりと
言うようなことが出来るようになるという機能だそうです。

で、こちらにその「iPhoneを探す」機能のセットアップ方法が書かれていますが
言葉足らずというか、僕の場合は簡単にいきませんでした。
同じような条件の人って結構いるんじゃないかなーと思ってメモも兼ねてここに書いておく事にします。

・MobileMeを今まで使った事がない。
・Apple IDがメールアドレスの状態ではない。

上が僕の場合の条件でした。
MobileMeのIDを持ってる方はおそらくすんなり事が運ぶとおもうのですが、
僕はこのサービスを使った事がありませんでしたので当然MobileMeのIDは持っておりません。
そしてApple IDが6文字程度のただの文字列だったわけです。
この状態でセットアップを開始すると【IDとパスワードが違います】と言われます。
「え?Apple IDもってんのになんで??」状態です。

そこでまずはAppleのサイトのサポートに行きます。
そしてApple IDのサポートについてなのですが、かなり下の方にひっそりとリンクがあります。
見落としそうな場所と大きさなのでリンクを貼っておきます。

Apple ID サポート

ちなみにサポートトップから一旦サポートサイトマップをはさんでからApple IDサポートについて
をクリックすると英語ページに行っちゃいますので注意してください。

移動したらいくつかのサポート項目がありますが、この中から
【My Apple Id を使ってアカウント情報を管理する】
ってのを選んで現時点で持っているApple IDを使ってログインします。

そして【Apple IDとパスワードの変更】でIDを登録している主要メールアドレスと同じものに変えます。
またメールアドレスを登録しているものの、主要アドレスとして指定していない場合はこれも行っておいてください。
指定するとそのメールアドレスにAppleから
【Apple ID ご連絡先メールアドレスをご確認ください】というメールが着ますので
本文にある【今すぐ確認>】をクリックして指定変更を完了させておきます。

これでやっとAppleの言う【Apple IDメールアドレス】というものが設定できました。
心置きなく母艦から遠隔でブザーを鳴らしてみてくださいませ。

しかしこれでいっこめんどくさいことが起きませんかね?
iPhoneからアプリや楽曲を購入する際に入力するApple ID。
文字数が多くなって入力するのに手間取りそうな気が。

ちょっとだらだら書いてしまいました。
Apple IDの変更方法がわかりにくいって方はこちらも参考にしてみてください。

あ、そうそう追記です。
もっと簡単なIDの変更方法はiTunesです。
メニューからStore>マイアカウント(ユーザー名)を表示からアカウント情報の編集が行えますので
たぶん上に書いたやり方よりもちょろいと思います。

さらに追記です。
その後アプリのアップデートを何度かやってみましたが、IDを求められたのは初回だけで
あとは以前と同じパスワードの入力だけでした。


3Dの素材を扱ってると困ることが結構ありますよね。

自分の持ってない3Dソフトのデータを渡されたり、
また納品時に別データへコンバートしなきゃならなかったり。
それだけのために高価な3Dソフトを買うってのもなんかばかばかしいし。

ってことで【3D Object Converter】です。

サポートファイルが500を超えるってのもなんかすごいんですが、50ドルってのがいいですね。
もちろんなんでもかんでも上手く変換してくれるかっていうと残念な面もあります。
そこはシェアウェアなので仕方ないとしましょう。
とはいえ形の再現性はなかなか満足のいくレベルだと思いました。

面白い点としては(むしろこれ狙いで使ってる人のが多いのかも?)
一部ゲームのモデリングデータを読み込める点でしょうか。
ネットゲームのモデリングデータやテクスチャも任意の形式に変換できるようです。
その辺はよくわかんないのであしからず。
ただあくまでこの人は変換ソフトなのでデータの吸出しはしてくれません。

あとは、これは僕の設定ミスなのかただ見てないだけなのかわかりませんが
読み込みの時点で三角ポリゴンになってしまいます。
ここは面倒ではありますが、変換後にQuadrangulateやAverage Verticesなどを使って
四角化してしてあげるとそこそこ見れる状態になると思います。

使い方はとにかく簡単です。
File>Openから変換したいファイルを読み込んで(サポート外のファイルはエラーが出ます)
今度はFile>Save Asで任意の形式にして書き出してあげてください。
File>Batch Convertを選べば選択フォルダを一括で変換してくれます。

難しいのはもしかしたら購入方法かもしれません。
PayPalとかで支払ってから別で個人情報(名前や住所)を開発者にメールしなきゃいけない点。
まぁ48時間以内にシリアル送りますよって書いてくれてますが、最初は大丈夫か??
って思ってしまいました。
送り先ハンガリーだし・・・。


すでにかなりの型落ちながらステッカーなんて貼って愛でてた旧MBPですが、
急きょ先週新型を買ったわけです。 なぜか。

タイトルにあるとおりです、盗まれちまいました。
場所は言わないでおきます、なんせ自分の不注意ですもんね。

盗まれたあと色々と考えてみました。
たいていこの手の話のオチとしては、
「警察もその程度じゃ動かないしね」とか、
「まず見つからんわなぁ」とか。
okwaveなんか見てもあきらめましょう的な書かれ方をしてるものがほとんどでした。

だよねぇ。
もう過ぎた話ですから旧型のことはあきらめます。
※つっても日々ヤフオクやらなんやらににらみは利かせてます。

ただ情報を探してるうちに面白いソフトを見つけました。

Prey

簡単に説明すると、

・あらかじめクライアントをマシンに仕込んでおく、裏側でひっそりと起動してるので気づかれない。
・サイト側でもクライアントを仕込んだマシンを登録しておく。
・クライアントを仕込んだマシンが盗まれたらサイトに行って登録情報をMissing(行方不明)に切り替える。
・あとはそのマシンがネットにつながったら20分毎にIPなど各種情報を指定のメールアドレスに転送してくれる。
・マシンにWebカメラが内蔵されてる場合はこっそり撮影してこれもメールに転送してくれる。

おもろい。
速攻入れました。
もちろん、【ネットにつながれば】という大前提があって初めて役にたつものであることは言うまでもありません。
しかしちょっとでも犯人を追える可能性が出るのであればこれはやらない手はないなとも思いました。

ってことで他にも似たようなソフトがあったので全部いれてます。
これでもっかい盗まれようと思ったりもしましたがさすがにそこまで勇気はでません。

皆さんもどうかお気をつけて。

6月10日追記
「どうせなら件のMBPのスペックここに書いとけば?」と言われなるほど納得、
「あぁ電柱なんかに張り紙されてる【迷いインコです】とかのノリだな」と思ったのでここに書かせていだきます。
戻らないことは重々承知の上で、しかしちょっと珍しい仕様(Mac使いからすると珍しくもないけど)なので
なんか情報がくればいいなーって程度で。

・Part No. MB075J/A ※MA896J/Aの光沢版
・Serial No. W87240DKYAM
・メモリは4Gに
・USキーボード
・液晶は亡くなる寸前(こんな感じ) ※リンク先の方、毎度毎度リンクさせてもらってすいません。