福岡市東区香椎から3号線を北九州方面に進んで新宮町に入ってすぐにあるお店です。
web仲間の友人の友人が働いてるそうで、よく
「時間があったら行ってみてよ」
って言われてたんですが、やっと行くことができました。

さて、肝心のラーメンですが色々メニューのある中からやはりここはオーソドックスなラーメンを注文。
個人的にかなりきました、イイ味してます。
こってりな部類と思いますがギトギトはしてません。むしろさらさら。
濃い目の味付けですが醤油辛い感じもしません。
麺は細めんで一玉が少し小さめかも(替え玉がすんなり入ります)

郊外のお店なのに深夜3時まで開いてるのもいいです。
また子供にやさしいお店です(子供イスがぱっと見、4つくらいあった)
小さい子供がいてなかなかラーメン屋に行けないって人も気兼ねなく行けそうです。

ちょっとファンになりました。
たぶん通います。
もう反対車線にある一蘭には行かない(鴨)

らーめん雷蔵


Windows 7 Ulutimate 64bitにアップグレードしたので自分のソフトが動くかどうかのメモ。

Windows 7 @ ウィキに行けば対応ソフトの一覧が書かれているけど、
下記のものはなかったのでこちらに書いておきます。
ウィキの編集やったことないし間違って既存記事けしちゃまずいもんね。

Adobe Illustrator CS4:問題なさげ
Adobe Premiere CS4:プロジェクト内でのすべての再生が出来ず→再インストール&Verを4.0に戻したら解消。原因は不明
Adobe AfterEffects CS4: 一部のサードパーティプラグインのアクティベーションが起動毎に外れる
Adobe Flash CS4 Professional:問題なさげ
Adobe Captivate 4:録画時にほぼ100%ハングアップ
Autodesk Maya 2008:レンダリングが遅い(実際にレンダリングにかかってる時間が遅いわけではなく、Render Viewに絵が出るのが遅い・・・という感じ)
Autodesk Maya 2009:問題なさげ

おおむねちゃんと動いてるようです。
とはいえざっくり起動させてちょこっとさわって確認しただけなので、まだなんか出るかもしんない。
随時更新します。

更新分
Alias Maya Complete 6:時々画面全体が真っ白になる。どうも描画に難ありのよう
Adobe AfterEffects 6.5:スタートアップで落ちる確立大。立ち上がると意外にも普通に操作できる


未だ発表どころかウワサすら出てこない新型MacBook Pro。
BootCampでMac OS XとWindowsが両方使えるという点で重宝してたわけですが、
どうにも出る気配がないです。

すでにCore2Duo、メモリ最大4G(ウチのはMB075J/A)なんて
とてもProと呼べるスペックではなくなってしまい、はやくi7モデルが
出てきて欲しいわけですが当のAppleはiPadだけをプッシュしてる始末。

じゃあこれに代わるものはあるのかというとコレ↓。

HPのEnvy15。
すっごいMBPに似てます。
だからチョイスしたわけじゃないんですけど、ホントはVoodoo時代から欲しかったモデルです。
HPに吸収されてVoodooの文字は無くなってしまったのは残念ですが
スペックはVoodooを継承してると思います。

簡単にスペックを。
・Core i7-820QM Quad Core Processor(1.73GHz, 8MB L3 Cache)with Turbo Boost up to3.06GHz
・16GB DDR3 System Memory
・640GB 5400RPM SATA Hard Drive (160G SSD ×2も可能)
・1GB ATI Mobility Radeon HD5830 Graphics – For i7 Processors
さらにUSB3.0もいけます。

Mac OS Xが走らせられないのは残念ですが、それ以外では惚れ惚れします。
SSD以外を最大構成にしても$3500、現行のMBPとあんまり変わりません。

・・・というかですよ。
次のMacBook Proは最低でもこれ以上のスペックで来てほしいですよね。

サカイの願望でした。

あ、Envy15は日本では未発売です、アメリカ本国のHPからどうぞ

3月11日追記
なんか米国時間?の14日になんかしらの発表があるらしいですね。
iPadの発売予定日も決まったし(←どうでもいいけど)今度こそ来てほしいっ

3月16日追記
「分割金利1%キャンペーン」
「Windows PC下取り20%アップキャンペーン」
・・・別に買いたい商品がない状態でそんなことされても、ねえ。


WordCampのオープニングムービーで使おうとしてたけど、
あまりに気が遠くなる作業だったので断念したもの。
でもこれ、なんかその内役に立ちそうなのでちょっとメモ。

やりたかったことは、
・◎の集合体である◎人間を3Dで作る。
・スケルトンを組んでるので歩いたり走ったりできる。
・どっから見ても◎がカメラの方向を見てるし形状も○を維持してる。

つまりは
『オブジェクトは任意で動かせるが、テクスチャはずっとカメラの方向を向いてる』
というもの。

歩かせたり走らせたりすることでオブジェクトが○に見えなくなると困る。
板状だとまずいのでSphereで作成。
これにrampをAs Projectionで配置、同心円状になるように色付け。

次にlocatorを作る。
最初に作ったSphereと同位置に出来るのでそのままY方向(Sphereの真上)にずらしておく。
このlocatorとSphereに設定したマテリアルのPlace 3d Textureを
Constrainメニューからaimでつなぐ。

これでlocatorを動かすとテクスチャもそっちの方向を向く、という動きになるが
まだ「カメラ目線」になったわけではないです。
てことで最後にカメラを作ってこのカメラとlocatorをConstrainメニューからPointでつなぎます。

これでカメラとテクスチャ(のみ)の視線の連動ができました。
あくまで動いてるいるのはテクスチャのみなのでオブジェクトを動かしてもテクスチャは
カメラ目線を維持します。
複数個のオブジェクトがあり、かつそのテクスチャすべてをカメラ目線にしたい場合は
上記の作業を繰り返します。



FreeVideoCoding.com

ただし、この計画自体途中でやめてしまったのでどこかに落ち度があるかもしれません。


福岡市東区名島にある博多濃麻呂(はかたこくまろ)。
でかい店が気になってUターンして入りました。

キレイな外観なので最近のお店?って思ったけど結構老舗みたい。
店舗数もそこそこあって二子玉川にもあるんだって。
その辺は他の人のブログでも見てください。

いちばんオーソドックスにラーメン(480円)

スープは濃い目でクリーミー、でもサラサラ。
海苔が入ってるって感じからもどこか久留米ラーメンに近い気がします。
叉焼は小さめだけどトロりでなかなか。
きくらげ多し。

その他タンメン角煮とかみそ卵麺とか、とんこつじゃないのありそう。


まだWordCampネタです。
他になんかAEのTIPSとかねーのかよ、って思った方すいません。
しばらく無いです。

さて。

最初はね、たったこれだけの会話だったのよ。

ちなみに会話の中で貼られてるリンクはあるお二方がにこやかに握手をする写真。
男性の方は福岡でWeb制作を中心に業務をされてるYaive氏。
WordCamp Fukuoka2010にてMTの話をしたという暴挙に出た方です。
女性の方はというと、Naoko McCrackenさん。
WordPressの日本代表みたいな方です。(←畑違いのサカイからそう見えた)


で、

人が求めることには無償で何かしてあげたくなる性分。(←あくまで自分が出来る範疇内でね)
結局、ベクター素材やらブラシやら探して形になったのは1時間半後。
ホントは30分でカタつけたかった。

こんなん出ました~。

図に乗りすぎたか。
いや、Naokoさんも笑ってくれたようなので良しか?

でもやっぱちょっとどきどき。
まずいようならエントリー下げなきゃな。。。


2次会後のAIP cafeでの様子をiPhoneで撮ってパノラマ状に。
多すぎ。
よう入ったね。