前回はその1を書きましたがまだまだありました。

前回同様、『同じような映像数十本を埋め込みSWFにする』ってわけで、1本2本程度なら良いのですが
数十本となると欲しくなる機能ややめてほしい仕様がでてきます。
以下箇条書き。

・ドキュメントタグがいっぱい並んで画面からはみ出した時のためにスライダを付けてほしい。
(>>マークのプルダウンは使いにくい。)

・制御メニューの再生からでも音声が出るようにしてほしい。
(パブリッシュしないと出ないのはちょと困る。)

・ステージの表示位置をセンターに戻す的なコマンドがほしい。
(他のドキュメントに配置したオブジェクトの位置を見比べるため)

・バッチパブリッシュを実装してほしい。
(数十本のドキュメントってことは数十回Ctrl+Enter押さないといかんのはつらい)

回避策やプラグインがあるよーって人、教えてください。
スクリプト書けばいいやんってのはナシで。
書けないので。


サカイが行ってる大学の前期日程が終了しました。
最後は学年関係なく前期で学んだものをパネルで展示、プレゼンしてもらうというもので〆。
以下感じたこと。

1年生:素直。元気もいい。将来が何か、何を求めるのかは定まってないけど色々なものに興味あり。
良い意味で迷いがあって、あれもしたいしこれもしたいしという感じ。達観してほしくないと思う。
世の中はそんなに狭くないらしい、走り回れ。

2年生:1年間の大学生活で少し馴れが生じてるような。身も心もどっぷり大学生活真っ只中で卒業まで
まだまだあるし大学生活には慣れてきたしというある意味無防備状態。当然スキが多し。
気をつけろ、君らは言うほど距離走っちゃいない。

3年生:確実に近づきつつある卒業研究と就職活動で少しびびり。まだ卒業なんてだいぶ先じゃん?と
無理やり思い込もうとでもしてるっぽいような。一番授業数が多いのもあって体力ダウンモード。
それもあってか自信喪失気味。
瞬発力じゃないんだよね、どうもこの世は持久走みたいだから走り方変えろ。

4年生:求めたのか命ぜられたのかいつの間にか卒業研究。ストレートにおかしいところを教えてくれない
指導教官に頭混乱。精神的にくたくたで、へたすると行動がずれてきてることに気づけもしない。
言われたとおりにやってりゃ良かったのかと言えばそれは自尊心が許さないらしい。
冷静になろう。判断材料はけっこうそろってるよ、周りみてみ。

後期もよろしく。