仕事上のメモです。

■AE上での動作A
・プロジェクトウィンドウでダブルクリックしてファイルの読み込み>Prのプロジェクトを読み込み
・ファイルメニュー>Adobe Dynamic Link>Premiere Proシーケンスを読み込み

上記の読み込み方だと、
・Prのシーケンスは1本の映像状態で読み込まれる
・1本にまとまっているのでサイズ変更も一括
・Prで使用した画像や音声も選択すれば読み込まれる
・厳密にはネスト化された状態だがファイルをダブルクリックしてもフッテージが開くだけ
・Prで付けたトランジションやエフェクト、ボリュームレベルは活きた上で読み込まれる
・Prでトランジションなどの数字の変更を行った場合でもAE側で瞬時に反映される
※ただしPrで付けたキーフレームはAEでは見えないので変更は元々のPrで行うべき

■AE上での動作B
・ファイルメニュー>読み込み>Adobe Premiere Proプロジェクト

この読み込み方をすると、
・Prのプロジェクトウィンドウに入ってたすべての素材を一括で読み込む(任意で一部だけ読み込むことも可能)
・読み込まれたシーケンスはコンポジションに変換されてて、開くと1クリップ1レイヤーになっている
・Prで付けたエフェクトはAEのエフェクトになっているので変更も可能だし消去もできる
・トランジションは無効になっているがかかっていた部分がレイヤーで重なった状態になっている
・ボリュームレベルに付けたキーフレームはステレオミキサーになっているので変更可能
・リンクによる読み込みではないのでPrで変更しても反映はされない、Prの段階まで修正が入った場合は
修正後再度AEに読み込みしなおして編集させないと結果が二通りになってしまう。

つまり一長一短。
いや、個人的にはFX重視なので後者の方が使い勝手がいいと言える。

※cs4でのお話です。


ずっとそれなりに忙しかったのでまったく旅行など行ってませんで。
てことで無理やり仕事を切り上げ&先延ばしにして沖縄に行ってきました。

良い写真が撮れたのでうp。
さぁまた頑張ろう。


近所であってた夏祭りのひとコマ。

たぶんきっと子ども会の役員の中に医療関連のお仕事に従事してる方がいらっしゃったのでしょう。
でもちょっとびびるからね、このマーク。

もちろん中身は夏祭りで出た焼き鳥の串やビールの紙コップでした。
安心安心。