gunner

去年、ゴーカイピンクを作る際に目標の一つに入れてたTSM2(The Setup Machine 2)のテスト。
なんとなーく適当に組んだモデルでもちゃんとセットアップしてくれる結構優秀なプラグインだったのですが、
ゴーカイピンクの制作を終わってからさわる機会がそんな頻繁にあるわけもなく
すっかり使い方を忘れてたんで春休みを機にテストし直しというわけです。

tsm2_proxy

つってもよく考えられたプラグインなのか、ホント簡単にセットアップしてくれます。
上のカラフルな写真のようなBipedを作ってそれをキャラクターに重ねるだけです。
指の本数やシッポのオプションもあります。
人型じゃない場合はBipedを個別に作ることもできるようです。
あー、考えられてなかったなぁという点もあるにはあります。
たとえばスカートみたいなものを履いたキャラ、また複数本のしっぽのあるモンスターなんかは厳しいようです。

最後にメニューからバインドを選ぶとカラフルなBipedは消えてジョイントになります。
結構、少なくとも標準のバインドよりもきれいに決まりますがやっぱズレはありますので
ウェイトはMayaの標準のウェイントペイントツールで。

で、テストなんですが【バインドしたあとのシーンデータはTSM2が入ってないMayaでも動くのか】。
たぶん、、、動くと思うんですが自分の周りの仲間はみんなmax使いなので確認のしようがないのが困ってます。
ということでテストできなかったというオチです。

一番上の画像は、以前お仕事にならなくてボツになってしまったキャラクターです。
棒人間、最近ですとCartoon Warsが有名ですよね。
作った棒人間もアレ的なキャラだったのでCartoon Warsのガンナーっぽくポーズとらせてみました。
持ってるミニガンと後ろのドラムはそれっぽく配置してるだけなのでくっついてきません。
この手の道具を持たせるってのが苦手なんですよねぇ、自分。

 


production_materials
先日、本屋で資料になりそうな本を手に入れたので、
時間を見つけてちょこちょこ進んでいます。

なかなかデカい画像も収録されていたのですが、やっぱり横顔がほとんどなくて困りました。
てことで想像も含めつつ作っております。
テンプレートも入れないで作っているので完成したらオリジナルとかなり差がでそうな感じです。
mask_flow

cubeを作ったら半分に切って特殊な複製でインスタンス化して進めていきます。
おおざっぱに形を作りつつ都度エッジを追加、フェースの面積を統一しようとか三角フェースを作らないようにとか
そゆのはまったく考えないでがーっと作ました、おかげで汚いっちゃ汚いです。
この辺ちゃんと学んだ人が見たらどう思うのか気になるとこです、もし見てくれてたらご指摘ください。

側面の恐竜の目にあたる部分は最初から凹ませるつもりでしたが、
おでこの鼻の穴インテークは作ってるうちに「やっぱ開けちゃえ」って事で無計画に穴開けしています。
ホントはバンプでいいくらいの凹み穴です。

最終的に頭頂部とエッジの立ってる側面から全面までのパーツを2つくらいに分割してスムーズするか、
折り目ツールを使っていっぺんにスムーズかけようか、それともスムーズかけずにこれで終わるか悩み中です。

また進んだら更新いたします。


春休み恒例になりつつあるスーパー戦隊モデリングです。

前回のゴーカイピンクに続く2回目は
1ヶ月後に放映開始する【獣電戦隊キョウリュウジャー】よりキョウリュウピンクです。

別に恒例にするつもりもピンクしか作らないつもりもないのですが、
ゴーカイピンクのモデルデータが流用できるかな、という安易の気持ちで始めました。
が、スーツのボリュームやらスーツアクターさんの身長や体格の違いなんかもあって
ほぼ完全新規作成になってしまいました。
グローブとブーツはゴーカイピンクから流用しています。

2/17追記:スーツアクターさん、ゴーカイピンクと同じ方だったのですね。
放映を何度見比べても同じ方に見えなかった、すごいすね。

とは言っても作り始めて数時間程度なのでお見せできるのはこのくらいしかありません。
キョウリュウピンク
資料が番組予告映像や各種雑誌になるのですが
まだ解禁されてる画像が少ないのでしょうね。
イマイチ頭の形状が分かりません。
後から修正できるように適当に作っています。

またせっかくですのでゴーカイピンク制作時のような
ポリゴンメッシュの無駄に多いモデルにならないようにさら~っと作っています。

現在のところあくまで(仮)です。
お仕事の入り次第ではお蔵の可能性も。
ちゃんとお見せできるくらいの見栄えになりましたらまた更新したいと思います。

更新しましたー。


AE環境設定画面

新マシンになって初めてのお仕事だったのですが、AEのレンダリングがなんか遅い。
サイズも尺もかけてるエフェクトもいたって普通だったんですがやけに時間かかるなぁと。

で、よくよく見たら【複数のフレームを同時にレンダリング】のチェックを入れ忘れてました。
上の画像の下部にあるのがレンダーキューの画面です。
上段がチェックなし、下段がチェックあり。
だいたい50%くらい早くなりました。
すごいすね、びびりました。

あやうく新マシン不審になるとこでした。
CINEBENCHとWindowsエクスペリエンスインデックスは下のようになっております。
左が旧お仕事マシン。
右が今回レンダリング時間を計った新お仕事マシンです。

これ、組んだ当時はあんま強烈に変わった印象は無かったのですが、上のレンダリング時間で
さすがに違うなと思い知らされました。
cinebench